スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Armillary sphere

Woll0001]
最近、載せられる絵がないのです。。。

暑いですね。といってもそろそろ8月終わるので
少しは涼しくなってほしいものです
しかし、一向に涼しさを感じさせないギンギラ日光

ま だ ま だ 夏 で す


>>戯言第二段>>
120825_232534.jpg
少し前にArmillary sphere というものを手に入れました
小さい頃から謎と神秘に溢れた宇宙に憧れをもって
図書室にこもって宇宙関連書を読みふける
いうなれば宇宙厨にとっては喉から手が出る程
欲しいものでありました

*Armillary sphereとは?
日本語でいうと「天体儀」
地球儀と違って中心に球があり、これを地球とし
地球の周りの星の動きを調べるのに使われているもの。


天文学の印象ではなくてはならない物じゃないですかね?
それか象徴するアイテムというべきか
多くの人は実物とは言わず映画等で見たことあるのではないでしょうか?
ext.「ハリーポッター」「トゥームレイダー」「ヒューゴの不思議な発明」等々

TDSには似たようなものが見れたりしますが、地球儀であったり
オーラリー(天体模型)が殆どなので天体儀は
日本では博物館等特殊な場所でしか見られないと思います。
DVC10094_M.jpg
(TDSにて)

今回手に入った天体儀ですが
何処探しても売っていなかったので
ネットのお力によりUSAから取り寄せてみました。

教材用で作られた訳ではなく
あくまでアンティークとして作られた品
安価で買える復刻版天体儀かと
写真では白光電球で白く見えていますが
実物は真鍮に古色仕上げで錆金色(土台は木製)
高さは約21㎝位なんですが結構重いです。
鈍器です鈍器。
裏にはメイドインインディアのシール
インドで生産して
ロンドンといいながらも会社はカルフォルニアにあるようです。

オンラインやeBayで購入可能です。
*オンラインでは日本への配送は行っていないようです。
気になる方→▼Stanley london

さて、このような器具を手に入れる事は日本では少し難しい
滅多に置いてないし、あってもやたら高価であったりと
非常に優しくないです。
日本で手軽に買える場所があればいいのですが
何故ないのか 
このような類のファンが少ないのか
・・・残念です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。